カテゴリー

チャンネル名

キーワード

ジャンル検索

おススメ番組をケータイにメール配信
easy my web 新着記事

記事一覧を見る

11

10

Thu

おススメ番組
スポーツ
WRC世界ラリー選手権2022 Round13 ラリー・ジャパン シェイクダウン

モータースポーツ

432ch/407ch(HD)  J SPORTS 3

放送時間 09:00 〜 11:00[生]
出演者、他
再放送 11/10 14:20 〜 16:20  マイリスト登録
11/10 21:30 〜 23:30  マイリスト登録
11/14 08:00 〜 10:00  マイリスト登録
11/22 22:30 〜 24:30  マイリスト登録

Photo by Jaanus Ree / Red Bull Content Pool

2022年、50周年を迎えたWRC世界ラリー選手権。この節目の年に、100kWの電気モーターと100%持続可能燃料を使用するエンジンを組み合わせた、ハイブリッド・パワートレインを搭載するラリー1規定マシンによって争われることになった。11月は今シーズンのWRC最終戦、ラリー・ジャパン。舞台は、愛知県と岐阜県。11月10日、豊田スタジアム(愛知県豊田市)からセレモニアルスタートで幕を開け、SS1の鞍ヶ池SSで終了。11日は、SS2からSS7までのコース設定。SS2とSS5の伊勢神SSは旭高原元気村の牧場内を走行するコース、SS3とSS6の稲武SSは、黒田ダムと旧駒ヶ原町分校を走行するコース。そして設楽町を走るSS4とSS7でこの日は終了。12日は、SS8とSS11の額田SSは、岡崎市・千万町楽校付近のエリア。SS9とSS12の三河湖SSは前半が林道、中盤から後半は集落を駆け抜けるコース設定。狭い斜面に重なる棚田を背景としてラリーカーが走行する姿や、熊野神社の前を通過するシーンはラリー・ジャパンの印象的なシーンになると予想される。SS10は新城市の住宅エリアを走行、3日目のラリーを締めくくるSS13、SS14は岡崎市の岡崎乙川河川敷で開催される市街地SS。約1.3kmの短いSSで約60秒以内のタイム合戦が繰り広げられる。最終日の13日は、SS15の旭高原よりスタート。そして舞台は岐阜県に移り、SS16とSS18は恵那市の恵那SS、ヘアピンカーブが続く林道を経て、SS17の根の上SSを走り、SS19で再び旭高原に戻り、旭高原元気村の牧場内を走行。そしてスタートの舞台、豊田スタジアムでゴールを迎える。注目は地元・日本から参戦しているTOYOTA GAZOO Racing WRT。Round9終了時点ではマニュファクチャラーランキングとドライバーズランキング(カッレ・ロバンペラ)でトップに立っている。最終戦の前に年間優勝が決まる可能性も高いが、地元優勝で、年間優勝を決めたいところだ。そして日本人ドライバーとしてTOYOTA GAZOO Racing WRT NGから参戦の勝田貴元にも注目。2022シーズンもRound6「ラリー・ケニア」で3位表彰台に上がり、ポイントランキングでも5位に付けている。愛知県出身の勝田がGR Yaris Rally1 HYBRIDを駆り、地元凱旋となるか!?