カテゴリー

チャンネル名

キーワード

ジャンル検索

おススメ番組をケータイにメール配信
easy my web 新着記事

記事一覧を見る

1

14

Sun

おススメ番組
音楽
ティーレマン「ジルヴェスター・コンサート2016」

クラシック

353ch  クラシカ・ジャパン

放送時間 21:00 〜 22:45
出演者、他
再放送 1/15 22:35 〜 24:20  マイリスト登録
1/16 18:45 〜 20:30  マイリスト登録
1/17 14:45 〜 16:30  マイリスト登録
1/18 11:35 〜 13:20  マイリスト登録
1/19 07:35 〜 09:20  マイリスト登録
1/20 15:20 〜 17:05  マイリスト登録
1/28 15:20 〜 17:05  マイリスト登録

©Matthias Creutziger

2012年にシュターツカペレ・ドレスデンの首席指揮者に就任して以来、ドイツ屈指の名コンビとして快進撃を続け、名門オーケストラにふさわしい名演を実現し続けているクリスティアン・ティーレマン。首席指揮者就任5シーズン目となる2016年のジルヴェスター・コンサートは、楽しいエンターテインメント名作集となった。『ドンナ・ディアナ』序曲でおしゃれに始まり、『ロメオとジュリエット』では細かいフレーズにも豊かな表情を施しながら劇的な演奏を展開、『ウィリアム・テル』序曲やアンコールの『軽騎兵』序曲は痛快な盛り上がりで会場を沸かせる。ロッシーニやスッペも、ティーレマンの手にかかればとにかくゴージャスな響きが引き出される。そして、この公演のゲストには、ヴァイオリニストのニコライ・ズナイダーが迎えられた。1997年エリザベート王妃国際音楽コンクール第1位受賞以来、世界中の名門オーケストラと共演を重ねるトッププレイヤーのひとりで、2017年に13年ぶりの来日を果たし、その別格の表現と名技を聴かせてくれたばかり。この公演では計3回登場。前半のブルッフの協奏曲第1番ではオーケストラとともに骨太な表現と繊細で感動的な歌い回しを両立して聴衆を魅了している。後半にはクライスラーの『愛の悲しみ』『美しきロスマリン』、アンコールではなんとポンセの『エストレリータ』と意外な小品を魅惑的に聴かせる。1741年製グァルネリ・デル・ジェス「クライスラー」の美音はもちろんのこと、ブルッフで彼がオケの演奏に聴きほれる表情も映し出され、さらに感動を誘う。ティーレマンの指揮ぶりや、シュターツカペレ・ドレスデンの楽しそうな演奏ぶりは魅力的。曲や場面ごとに照明の色が変わるジルヴェスターならではの演出も楽しく、美しいゼンパーオーパーの内装とともに、華やかなガラ・コンサートを堪能できる。